遠距離のパパとLINEで連絡を取るだけでお金欲しい

ぶっちゃけて言えば、そこまでパパと何度も何度も出会いたくないので、できる限りあまり会わなくてもお金を定期的に銀行振込してくれるような優しいパパをこれから作りたくないですか?

 

どういうことかと言いますと、例えば広島に住んでいて大阪のパパが数ヶ月に1回程度で良いから来てくれるような関係がとても大切になってくるわけです。

 

さすがに、1回も会わないでいるとパパもこの娘とは関係が薄いから別の娘にしようと思うことが多く、せっかくの高所得者のパパだとしても、くれないパパならあまり役に立ちませんからね。

 

お金をあげたいパパは既婚者が多い?

 

パパの年齢を言えば、40代50代が一番多いです。

 

ですが、その世代のパパはすでに妻子がおり生活は普通に出来てはいるけども、潤沢な貯金を持っているので、そのお金を女の子とのデートに使っていきたいと思っている場合が多いです。

 

確実にお金をもらいたいと思ったときは既婚男性を狙う方が効率が良いのですが、その場合はAmazonメールギフト券をコンビニで買ってもらい、そのIDを教えてもらうことでAmazonで利用できますので、そうすれば名前を教えなくても大丈夫です。

 

独身の男性であれば、銀行口座番号を教えても全くもって大丈夫です、なぜなら住所がバレるわけじゃないですからね。

 

パパとの関係が終わったときは、その口座の現金をすべて引き出した後に、解約すれば、例えパパと関係がこじれてしまい嫌がらせでネットに口座番号を公開したところで、痛くもかゆくもありません。

 

ここまでをまとめてみると・・・

 

・できるだけ早めに1度だけは会っておく(その後はLINEやカカオトークなどでやりとりすればOK)

 

・中高年の既婚男性がパパ活をしていることが多い

 

・既婚男性か未婚男性かによって銀行口座番号を教えるのかそれともAmazonメールギフトを買ってもらうのかを判断しておくこと

 

・パパとの関係が終わったら銀行口座も解約しておくことで確実にトラブルが起きてもダメージを0に抑えることができる

 

パパは、地元の家族にはバレない関係を望んでいる?

 

パパにとって、出張や旅行などでいろんな場所へ飛び回るわけですが、そのときにちょうど会える関係の女性を求めている傾向があります。

 

だからこそ、大盤振る舞いをしてもらいやすいですし、お小遣いも地元のパパよりも1万円多くもらえるなど、続けておくだけで確実に懐を温めやすい関係になりやすいですよ。

 

身体の関係はしないといけないの?

 

ついつい考えてしまいがちなのが、身体の関係ですよね。ですが、パパにとってみれば、1人で地元から離れるよりも他の都道府県に知り合いがいた方が楽しいし、いろんな地元ならではの場所を知れるからと凄いルンルン気分に浸れますからね。

 

必ずエッチな関係になるわけではないですので、予めパパには身体の関係はしないことを伝えておくことで、納得してくれるパパは必ずいます。

 

パパは出会い系サイトにたくさんいるの?

 

パパ活と言えば、シュガーダディやpaddy67などのパパ活アプリが有名ですが、パパが少数で女性が多数と言う関係で成り立っています。

 

パパ活サイトを使うのは、お金が本当にありふれている男性が多く自覚出来ているからこそ利用しています。

 

ですが、男性の平均年収である400万円から600万円あたりの普通のパパを狙うのであれば、出会い系サイトがおすすめです。

 

すべてのサイトは、リッチな男性とのお付き合いができると言う感覚で利用できますし、このくらいの年収の男性の方がポンポンとお金を使ってくれる傾向がありますよ。

 

出会い方は、メッセージのやりとりをするときには必ず疑問形にするだけです。

 

こうすると、パパは返事をしないといけなくなりますので、その結果うまく遠距離のパパを作れるようになりますよ。